2009年02月20日

あっという間に2月も

010.JPGさて、にぎりめしを食べたとかいうどうでもいい
話を書いた7時間後、なんとまさかの破水!

夫が待ちに待った9連休に突入した瞬間のできごとであった。

しかしながら、痛みもないし、なにしろ初めてのことで
よくわからない。でも年末最後の診療日やし
電話してもっかいみてもろとこかあくらいの勢いで
その日は朝食の準備を優雅に始め、夫とパクパク食べていたら
破水は確実っぽい状況に。

産院に電話して状況を話すと、AM9時になったら入院準備にきてくださいといわれ、「きた〜〜〜」って感じでハイになり、何か月も前から
用意していたスーツケースをもって、タクシーにのりこみ
夫婦で産院へいったところ、この日は院長が診療日。
「やはり破水だね、破水するともう陣痛が
きますから」と言われ、そのまま入院とあいなった。

しかしながら痛みがないので、人生初の入院にウキウキして
パジャマなんかもウキウキきて鏡をみたらびっくり
お腹がおそろしいほど出ているのだ!破裂しそう!
家にいた時はそれほど感じなかったのになぜ・・。

そこから、陣痛がくるまで半日。
陣痛がきてから25時間たって、待望の子が私の中から
生まれ出でてくれました。

予定日より19日も早いのに3266gという体重を
きいて卒倒しそうになったきのこ。

陣痛の最中はしょうもないことばかりが脳裏をよぎった。
産んでからはうれしい気持ちはもちろんだけど、
あまりの出産の衝撃に「結婚式で女性が着飾れるのは
こういう痛みがあとで待ってるからせめてもの
意味で、なんだ・・。
女性は皆騙されて結婚しているんだ・・・。」などという
妙な考えがどんどん沸き起こってきて、先に出産した
知人がなぜこのことを教えてくれなかったのか、
それはすさまじすぎるからだ、なんて考えたりした。

でも日にち薬っていう言葉はほんとで、
痛みも神様が忘れられるようにしてくれているらしい。

1ヶ月経ったら、ちゃんと宮参りにもいけた。

動物ってすごいんだなあ、というのが出産した感想。

無事うまれてくれてほんとにありがとうございました。

これから頑張ってまいりますので、楽しくくらしましょう。
わが長男よ。




















posted by きのこ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。