2009年12月19日

里の秋

伊賀の里での静養はこれからも毎年の恒例行事にしたいものです。

さむ〜いけれど、きちんと生活することが「生きる」ことそのものだと思い知らされます。朝早くからおじちゃんが猪対策の集会に行ったり、おばあちゃんが日の菜を洗いに外へ出たりしていく姿を見ると、都会にいることに如何に甘えていたか、考えるきっかけになりました。

kabu.jpg

でも都会だからこそってことももちろんありますよね。
都会と田舎で息吹の交換をしたいなって思うんであります。

おにやんもそのあたりわかってくれたかな〜。satonoaki.jpg


それとも伊賀流忍者に夢中でしたかな?

shuriken.jpg
posted by きのこ at 16:12| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

おにやんも歩けば豚に当たる


こんにちは。
きのこ先月はちょこっとだけ伊賀の里で静養しておりました。
きのこの血の2分の1はこの伊賀の里のもんでありますよってに、心から落ち着く場所であります。
もちろんおにやんもおにやん父も随伴して。

田舎のいい空気を吸ってのんびりする予定でしたが
せっかく来たのだからと、やさしき伯父伯母に連れ出してもらい、
こんな場所にきました。きのこは3度目ですが、おにやんは初です。
ここというのはそう、何度行ってもまた行きたくなる「モクモクの里」です。
ここは豚でもっているといっても過言ではない場所。
おにやんも歩けば豚にあたります。
お、おっと。

arukebabuta.jpg

なんとこのベビーカーは町の人たちが寄付してくれているもので、入口の前にいろいろ多種類置いています。

おにやんは、日ごろ5点式ベルトで締める海外のベビーカーにご立腹なので、こういうところのバーのあるベビーカーに乗ると超ご機嫌になります。

そして、ついにおにやんご機嫌が最高潮に。

なぜならそれはおにやん「きのこ」を手にしたからであります〜。
キノコ狩り、それはキノコにとって身をもがれる思いの場所。(なんてうそうそ。)こんなおにやんの嬉しそうな顔をみたら、つい買いすぎてしまうのでありました。
kinokogari.jpg


続きはまた今度!

posted by きのこ at 21:08| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。